降圧剤は正しい服用しないと危険
降圧剤のノルバスクとアダラートの写真

降圧剤は正しい服用しないと危険

高血圧患者の多くが降圧剤を病院などで処方を受け服用していますが、降圧剤の誤った服用方法やトラブル事例をまとめてみました。高血圧症には大変効果のある降圧剤ですが、使用方法を間違えるととても危険ですので注意しましょう。

高血圧症に降圧剤の効果と副作用について

高血圧症には原因疾患がある二次性高血圧と原因が明確ではない本態性高血圧とがあります。本態性高血圧の場合には生活習慣の改善による血圧の管理がまず行われますが、それによる改善が求められない場合には降圧剤を使用して血圧を管理することが重要視されます。二次性高血圧の場合には初期から降圧剤を使用して血圧管理が行われ、原因疾患の増悪を抑制することが目指されます。降圧剤を使用することによって血管や心臓、腎臓といった器官にかかる負担を軽減することが可能であり、重篤な合併症を生じてしまうリスクを低減させることができるというのがこういった治療方針の根拠となっています。多様な降圧剤が市場にあり、それぞれにおいて異なる作用メカニズムと副作用が知られるようになっています。患者に応じて適切なものを選択していくことが重要であり、しばしば多剤併用も行われます。作用メカニズムは種類によって異なるものの、最終的に生じるのは血管拡張や体液の排出促進することによって血圧を低下させるというのが一般的です。副作用も種類によって特徴が異なります。比較的よく用いられるカルシウム拮抗薬では動悸、頭痛、顔面紅潮といった副作用が比較的生じやすいものの、あまり重篤なものがないのが特徴です。同様にしてよく用いられるアンジオテンシン変換酵素阻害薬は空咳が生じやすいという特徴があるもののそれ以外にはあまり目立った副作用がないとされています。アンジオテンシン2受容体拮抗薬はアンジオテンシン変換酵素阻害薬と類似した作用メカニズムを持つため副作用が少なく、空咳も生じにくいというのが特徴です。この他にも低カリウム血症をを生じやすい利尿剤など、多様な降圧剤があり、それぞれに特徴的な効果や副作用が知られています。

■比較的長い間飲まれている一般的な降圧剤
アダラート