降圧剤は正しい服用しないと危険
降圧剤のノルバスクとアダラートの写真

高血圧患者の多くが降圧剤を病院などで処方を受け服用していますが、降圧剤の誤った服用方法やトラブル事例をまとめてみました。高血圧症には大変効果のある降圧剤ですが、使用方法を間違えるととても危険ですので注意しましょう。

メインテートを飲みすぎた時の対処法とは

高血圧治療薬に「メインテート」というものがあります。

メインテートを服用してめまいやふらつき、息苦しさを感じたときは、すぐに服用を中止して医師の診察を受けてください。間違って決められた量よりも多く飲んでしまった場合も、できるだけ早く医師や薬剤師に相談する必要があります。反対に飲み忘れたときは、決して2回分をまとめて飲まないようにしてください。メインテートは持続性の高い薬なので、効きすぎる恐れがあります。

慢性心不全の治療でメインテートを使用する場合は、問題がないか様子を見ながら、少しずつ飲む量を増やしたり減らしたりします。患者の判断で勝手に薬をやめてしまうと、強い副作用が出る危険があるため、必ず医師の指示に従う必要があります。高血圧の治療の場合は、ほかの降圧剤と併用すると血圧が下がりすぎる可能性があるので要注意です。また糖尿病の治療薬と併用すると、低血糖の症状を起こすことがあります。

血圧が下がってめまいを起こすと危険なので、メインテートの服用直後は自動車の運転や高所作業を避けたほうがよいでしょう。特に体がまだ薬に慣れていない時期は、効果が急激に現れることがあるため、慎重に様子を見る必要があります。もちろん服用中は用法や用量を守り、定期的に血圧検査を受けて、健康管理に気を配ることも大切です。なお薬は小児の手の届かない場所に保管し、消費期限内に使い切ってください。もしも余ったら、取っておかずに廃棄しましょう。

メインテートは高血圧の治療に効果の高い薬ですが、交感神経に作用を及ぼすため、気分が憂鬱になったり不眠を覚えたりすることもあります。どんな薬にも副作用の可能性があることを認識し、頼りすぎないように心がけることが大切です。高血圧ならば食生活を見直したり、適度な運動をしたりすることで改善が期待でき、薬の服用量を減らすこともできるでしょう。