降圧剤は正しい服用しないと危険
降圧剤のノルバスクとアダラートの写真

高血圧患者の多くが降圧剤を病院などで処方を受け服用していますが、降圧剤の誤った服用方法やトラブル事例をまとめてみました。高血圧症には大変効果のある降圧剤ですが、使用方法を間違えるととても危険ですので注意しましょう。

降圧効果のある食べ物について

年齢を重ねると高血圧に悩む方が増えてきます。血圧が高くなると様々な合併症を引き起こす可能性も高くなり注意が必要です。
高血圧が分かった場合、病院を受診し降圧剤をもらい服用するのが一般的かとおもわれます。しかし薬の効果は明白ですが、人工の降圧剤の服用には副作用もつきものです。そもそも高血圧は日々の食生活等の影響でなる事が多く、まずは食べ物に気を使う生活をする事で改善される場合が多くあります。そもそも日本人がなぜ高血圧になりやすいかというと、塩分を多く含む醤油を好んで使う文化によるものと言われています。食生活での改善を目指す場合、塩分の摂取を控え、余分な塩分を排出してくれ自然の降圧効果を得られる食べ物を摂取する必要があります。それはカリウムを含み余分な塩分を排出するといわれる食べ物です。降圧効果の高い物は野菜、いも類、大豆、果物、魚介、海藻類と言われています。ほうれん草やブロッコリー、アスパラ等は取り入れ易いのではないでしょうか。だだし、カリウムを多く含む食べ物を摂取する際に気を付けなければならない事があります。それは、腎臓に問題のある方がカリウムを多くとりすぎると、高カリウム血症となり逆に血圧が上昇してしまうので注意が必要です。そして血圧を上げてしまう食べ物の摂取を控える必要があります。油の多い肉や挽肉、ベーコン、ソーセージ等の加工品、生クリームやバター等は控える必要があります。ラーメンや麺類等はスープにかなりの塩分がありますので、摂取は控えた方が良いと言われます。
だだし、頑なに食事による降圧にこだわりすぎず、病院に通院しながら医師と相談して血圧のコントロールを行って行く必要があります。