降圧剤は正しい服用しないと危険
降圧剤のノルバスクとアダラートの写真

高血圧患者の多くが降圧剤を病院などで処方を受け服用していますが、降圧剤の誤った服用方法やトラブル事例をまとめてみました。高血圧症には大変効果のある降圧剤ですが、使用方法を間違えるととても危険ですので注意しましょう。

高血圧治療に降圧剤不要の本に残らない甲田医院の医療

甲田医院は独特の医療を実施することを目的として活動を行ってきていましたが、そのリーダーが亡くなったことにより閉院することになりました。甲田医院のリーダーは本を書き残すことも、自分の診療活動に関わる本が出版されることも拒否する傾向があり、それは死後も理念として院長からの情報が発信されています。また、甲田医院で行われてきた医療活動を模倣して甲田療法や甲田式健康法などといった形で広められることも拒絶しており、甲田医院の閉院によってその存在が失われる方向へと向かってきています。甲田医院で行われてきた医療を簡潔にまとめてしまうと至極単純であり、生菜食を中心とした少食を主とする食事療法と言うことができます。人に対してそれを勧めるだけでなく、自分自身でも実践して健康な体を維持してきたというのが特徴であり、多くの人に支持を受けることになった理由となっています。現代社会において問題となっている生活習慣病は食生活に原因があることが多く、その治療においてもこういった方法が有効であるということが示唆されてきました。実際に降圧療法の一つとして実践してみる人も多く、それによって血圧を下げることに成功していることもあります。甲田医院の考え方として特殊に感じられるのは、医薬品による治療を基本とする現代医学の考え方を用いず、食生活をによる治療を大原則としている点です。それゆえに食生活がそもそも問題となっている生活習慣病に対しては有効性が期待されるのです。降圧剤を用いた治療が当然のように行われている高血圧治療において降圧剤を不要とする考え方は現代医学の見地からすれば困難な考え方ですが、それを実践してきたのが甲田医院だったのです。